忍者ブログ
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

40代半ばを過ぎてから、時々、病院へ行くようになった。

もう、以前のように役所で、健康保険未払いで責められた際、
「だって、健康保険なんか使う機会ないし。」
と自己弁護するのも、ちょっと無理が出てきた。(爆)

病院に行くと、検査されて、薬が出て、また来てください、と言われ、金が湯水のように飛んでいく。
特に「検査」っていうのが高いのだが、病気の原因を究明、治療すべく行ってるわけだから、やらないとしょーがないしねぇ、、。
医者の方も責任問われるから、安全第一で、いらんとこまで検査しようとするしねぇ。(まあ、わかるんだけど)

薬、っていうのがまた曲者で、薬局が別な時は、またそっちで手数料を取られる上、処方箋がなければ買えないので、(しょーもない薬もらうだけでも)医者に、もう一回金を払わないといけないわけである。
一度など、(以前医者でもらったことのある)4~500円程度の保湿剤を気軽に買いに行ったら、(いろんな誤解とかが重なって)2000円くらいかかったことがある。

なんかねー、良い悪いは別にして、その特性上、医者(病院)っていうのはあまり消費者(?)の財布のことを考えない特殊な商売だと思う。
医者の方は、安全第一(責任かかってるし)で、検査とか薬、ばんばんオーダーするし、患者の方も、病気だったら直さなければしょうがないわけで、割と何も考えずに金払うし。
そこには、(商売として考えた場合ー)スーパーのように、一円でも安く(298円とか(笑))という概念はあまりないと思う。
なんか、一応商売ではあるのだが、「お金」は後からついてきて変な感じ、っていうか。
ただ、財布の中身は確実に減るのでとても痛い。そして、物を購入した時のような喜びはない(笑)。

まぁ、こういう状況下では自衛するしか手段がないので、

・(収入が少ないので)最低限の検査、治療から始めてほしい旨を告げる。
・いらん薬が大量に処方されないよう、目を光らせる。(ただ、余ればまた使える便利な薬もあるのでよく考える)
・検査の結果などは、また使える時があるので、なるべくもらうようにする。
・今後の予防に役立つ情報を聞いておく。(病気になったら、また金いるわけだから)

など、してるんだけど。(なんか恥ずかしい時もあって嫌なんだけどね、、)


                              


病院へ行く理由はその都度ちがうが、(大きな出費の事項でー)出て行ったお金と、その状況を追憶してみると(遠い目)、

・PCでサイト作りにはまり、気がつくと、ある朝、目が真っ赤に。
痛くて光を見れなくなり、近くの眼科へ行くと「光彩炎」と診断され、
「悪いけどうちでは詳しい検査できないんで大きな病院へ、、」
と言われる。(ちなみに大病院への紹介状、別料金)
はじめに、収入が少ない旨申し添えていたため、会計の際の看護婦の、申し訳なさそうな態度を今でもありありと思い出す。。。
眼科は、検査料が高いような気が。

出費 計約二万円、、、。

・なんか、長期にわたり胃がおかしかったため(PCに向かう時の姿勢が悪かったせいだと思う)、近くの内科へ。
長い順番を待った末、
「胃を調べるには胃カメラしかないんだが、うちには胃カメラありまへん。(内科やったら胃カメラぐらい持っとけよ、、)まあ、せっかくなんでとりあえず血液検査でも。」
と、しょーもない問診もされ、ここですでに出費。
で、「(胃カメラの)紹介状書こか?書こか?」という誘いは断り(無駄な紹介状代は払いません)、自分で他の病院を見つけ、胃カメラを予約。また、初診料要。
最初の診察の時、
「うーん、これは膵臓癌とかの可能性もあるから、(胃カメラと一緒に)CTも撮った方がええなぁ。。」
と言われたので、
「実は収入が少なくて、、」
と言ってみたところ、
「じゃぁ、エコーにしときます?半額ですけど」
と値切りに成功した。。。(こんなとこで値切んなよ)
忘れずにもらってきていた、前の病院の血液検査の結果は、この病院の診察に役立った。

で、事前におおよその料金を確認すると、
「(胃カメラは)5000円くらいですが、もし、疑わしい組織があって、それを生検にまわすと、一~二万円くらいの間になります」
と言われ、組織検査の無いよう祈りながら、胃カメラの日を迎えた。
で、最初は
「うーん、きれいですよ。潰瘍もガンもありませんよー。異常なし。」だったのだが、
「お、でもちょっと待てよ、ここのひだの部分が、、、。はーい、大丈夫だと思うけど、一応、組織取って、生検に回しときますねー」
と明るく言われて、組織を生検に回された(ショックと号泣)。。。
まぁ、結局3千円増しくらいで済んで、検査も異常なかったけどねぇ、、。

出費 計約1万8千円くらい、、、。

・でこれは現在進行中。
下の奥歯の詰め物が取れてるのに気づいたので近くの歯医者へ。
問診票に「現在、悪いところだけを最低限度で治療する」とあったので、力強くチェックを入れ、問診票を渡す際も「経済的理由で、最低限の治療だけお願いします」と看護婦に告げる。(歯医者では、よくいらんことされるんで、、)
この時はレントゲンを撮ったのだが、会計の際、看護婦が
「今日は”レントゲンを撮ったので”○○○○円です、、、。」
と、料金説明の言葉をそっと付け加えたのが印象的だった。。。
で、何の問題もなく1週間後に新しい詰め物をする予約を取り、ここまでは何の問題もなかったのだが、、。

その予約の前日になって、急に下顎(治療してる側)が痛くなってきて、熱がどんどん上がってきた。(最終的に39度を突破)
顔も治療してる側が、耳の下からプックリと腫れてきて、顔の輪郭もおかしい(笑、笑ってる場合じゃないけど)。
「これは歯の感染症か、、、?」と思い、しょうがないので急患扱いで(治療中の)歯医者に行ったところ、
「うーん、これは歯じゃないなぁ、、内科へ行った方がいいんでは、、。」
と言われ、その足で内科へ行って、待つこと1時間強、
「これはひどいなぁ、、。(耳か口からの)感染症だと思うんで、とりあえず抗生物質の点滴を、、。」
と点滴を受け、家へ帰ってぐったりしていたが、腫れが引かないので仕事も休み(病気の上、収入減)、先ほど(きのうの)内科へ行くと、話がある、と医者に呼ばれた。
「あのねー、きのうオーダーした血液検査の結果が返ってきたんだけど、これは感染症じゃないなぁ、、。たぶん、おたふくかぜ。特効薬はないんで、治るまでまつしかありません、、。ピーク時はうつる可能性があるので出歩かぬよう。」
とのこと。
あのー、おたふくかぜって、、、。まぁ、子供の時なったかどうか覚えてないけどねぇ(一度なるともうならない)。それに、歯の治療中に、こんなややこしい場所が腫れなくても、、。

さ、これで、明日行こうと思っていたWSにも完全に行けなくなり、きらめく春の陽光を部屋の中で、窓越しに見つめるわたし。。。
さらに、上の前歯も、前から神経がおかしいので、なんとかせねばならぬ、、、。

出費 現在まで計、約9000円、、。(プラス将来的に確定している出費は3000円以上、、、)

(追記)
なんか思い返してみても、体の不調、PCからくることが多いな、、。ハード、ソフトで金かかって、病院でも金かかる、っていう(笑)。。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]