忍者ブログ
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ebh.jpg

この前、生まれて初めて「英会話カフェ」に行きました。

まぁ、なんか変な気分といえば変な気分。。
ていうのは、外国にいると嫌でも英語喋らんとあかん、というより、日常語が英語になるようなもんなのに、日本では(英語喋るだけのために)高いお金をわざわざ払う、っていうか、、。

でも結果はすごく楽しかったし、自分のスキル位置も確認できたので、金に余裕があればまた行きたいかな。
細かに検索すると結構、個人で安く英語を学ぶ場をつくっていたり、カフェ形式でその日だけ施設を開放してる英会話学校もあるみたい。

・神戸、三ノ宮方面

https://www.facebook.com/groups/297897483620085/

http://cafe-lingo.com/Chit%20Chat.html

・コミュ

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5940932

で、この前は一人で行くのは気がひけたので、近所の友達を誘ったんだけど、用事でだめで、結局一人で行くことに。

行ったのは「English by hart」というところ。(写真ーこのテーブルに車座にすわる)
http://www.englishbyhart.com/jp/photos.html
家から徒歩20分だったのがここへ行った一番大きな理由だったんだけど、笑。

で、(こうゆう経験は初めてなので)行く前はいろいろ考えた。
「集まった人がみんな、アメリカ在住○○年みたいな人だったら、、」とか、
「日本語でも人見知りがあるのに、ちゃんと喋れるんか、、」とか(爆)。

しばらく店の前をうろうろした後、意を決して店の中へ、汗。(ま、一応、お客だから邪険には、されませんわな

中には2人、ネイティブ(この日はアメリカンとスコティッシュの人)の先生(ホスト)がいて、席に案内してもらい、お茶を出してもらった。
中には日本人の男性二人と、日本在住のチャイニーズの人一人、日本人の女性一人がいて、すでにいろいろ喋っていた。

最初はどうしていいのかわからず、緊張していたが、ホストのスコティッシュのダレルという人が「自己紹介をしてください」と振ってくれたので、自己紹介をした流れから、わりとリラックスして、会話にポツポツと入れるようになった。

話しは、別にお題が決まってるわけじゃなくて、(だいぶ忘れたけど)・ロシアで隕石が落ちた、昨日のニュース→・ロシア人はyoutubeによく 隕石ビデオをアップしてる→・ところで隕石って英語でなんていうの?、、、みたいなのからはじまって、自分が自己紹介でオランダに住んでたことを言ったの で、・オランダ、の名前の由来→・オランダという国について→・オランダで認められてる安楽死やガンジャについて→ところで英語で「安楽死」ってなんてい うの?、、、みたいな感じで話しが進み、まぁ、世間話なんだけど、それを途切れないように(みんな、喋りに来てるわけだから、笑)つらつらと続けてる感 じ。
これが個人レッスンなどだと、言い回しとか、言葉の選び方とかをもっと丁寧に教えてもらえたりするのかな、と思った。

今日のホストのダレルは文化人類学に興味があって、スコットランドの博物館にも勤めていたらしく、ガンジャ、オピウムの歴史、みたいなので盛り上がりかけたんだけど、他の人が興味薄だったので、そっち方面には行かなかった(笑。

で、6時きっかりに終了。(この日は3~6時)
(今まで一緒に話していた人も)クールに、さっと解散。
帰りしなに話を聞くと、多いときは10人以上集まるらしい。
自分の感じでは、今日くらいの人数がいい感じだなと思ったんだけど(過不足なく発言できるので)、多ければ多いで、また違った楽しみ方があるのかな、、。

ホストの人を見ていて思ったんだけど、これって仕事としてとらえると、ある意味、自分の母国語をつらつらと話していればいいだけだから、ある意味 では楽、でも、みんな話しに来てるわけだから、会話をそつなくつないでいかなければならないし、(まぁ、一応お客だから)一人ひとりのケアも必要だろう し、ポイント、ポイントでは先生にならなければならないときもあるし、そういうふうに考えると、しんどいともいえるのか、、。
ただ、ある程度明るい性格で、話すのが好きでないとやってられんかもなー、と思いました。

あと思ったのは、前から思ってたんだけど、「英語」の会話の中で、言葉の意味や言い回し、文法などについて、「英語」で訊いて、「英語」で説明してもらう、っていうのは、(何語でもそうなんだろうけど)すごく言葉の習熟に役に立つっていうのを、あらためて思った。
これ(「英語」のわからないところを、「英語」で相手にわかるように質問する)って、すごく頭を使う作業で、質問するのにフラストレーションを伴うんだけど、すごく言葉の勉強になる(自分の経験。

でも、なんやかんやいっても、「ことば」の一番の習熟方法は、その「ことば」しか喋れないところに身を置くことだと思う。
自分の経験では、(わざと、そうしたわけじゃないんだけど)英語しか喋れない環境に1,2ヶ月身を置く、っていうのを何度か繰り返すと、だんだん喋れるようになってくる感があった。
ただ、そういう環境になったところはインドとか、英語圏じゃないところが多かったので、それがイギリスとかアメリカとかだったら、今頃もっとうまくしゃべれてるのに、と思うと残念です、泣。

余談だが、ツーリストの少ないインドの田舎とかにしばらくいると、英語も通じないので、ヒンディーの勉強になるのだが、そういう環境では、英語が(たとえ、あまり喋れなくても)自分の母国語のように感じるようになる、泣笑。

チューリップ

こういう英会話カフェ(あるいはそれに類する形式)って、大阪や神戸、京都とかで、わりとあるみたいなんで、興味のある方、今度一緒に行きましょうにゃ、、手(パー)



英語を話す

拍手[2回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
英会話カフェ LINGO
こんにちは!突然のコメント失礼します。
英会話カフェ LINGOのリンクを貼って頂きありがとうございます!また機会があればぜひカフェ LINGOにも遊びに来て下さい★
lingolingo URL 2014/01/10(Fri)12:34:06 編集
無題
英会話カフェ LINGOさん、コメントありがとうございます。
何度かうかがおうと思ったこともあったのですが、ちょっと遠いので、機会がありませんでした。
またうかがいますので、ヨロピクお願いいたします。
NONAME 2014/01/10(Fri)15:08:56 編集
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]