忍者ブログ
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [45

beat-flyer-web.JPG      beat-flyer-part-web.JPG     35d313ed.jpeg       

ビートや、ビートニクって、自分の理解してるところでは”ヒッピー文化”や”カウンター・カルチャー”前夜っていうか、基(もと)っていうかそんな感じですかね~。
これがのちの60年代、70年代につながっていくきっかけに、なっていったっていうか、、。
読んだことなくても「吠える」、とか「路上」って作品は(ヒッピーカルチャーとか好きな人にはー)有名ですよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

自分としては、大昔にヴァラナシの古本屋で、アレン・ギンズバーグ「インド日記 1962-1963」っていうのを手に入れて読んだことがあって、その独特の暗さと、刹那的なヴァイブが印象深かった思い出があるけれど、ビート・カルチャーって50年代が最盛期だったみたいなんで、この本はビート以後となるのかな、、、。

なんか、ビート・カルチャーって文学中心に結実していったみたいで、文学作品がたくさん残っているようです。
今回のイベントは、その中でも特に有名な”路上”を書いたジャック・ケルアックの妻だったイーディ・ケルアック(~1944年)の回想記"you'll be okey"出版記念パーティだそうです。
この、"you'll be okey"ていうのは、ジャックからイーディーに送った、最後のメッセージらしい。。。

音楽のライブは数あれど、「詩の朗読会」(だけじゃないみたいですけどー)、それもビートの、ってくれば、なんか、50年代、ニューヨークの場末のカフェ、って感じで(笑)なんか、雰囲気ありますにゃ、、、。
それに出演者の顔触れも面白そうな人たちのようで。
ちなみに、わたしもPA係で参加しますので、みなさま、おヒマならおいでください。

1ドリンク付き1000円、も安し。。。

詳細はー

http://ameentable.exblog.jp/12926410/
 


拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カウンター
最新コメント
[01/10 NONAME]
[01/10 lingolingo]
[08/27 Elliy]
[08/22 Elliy]
[03/27 森松明子]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]