忍者ブログ
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


仏陀の奇蹟は、イエスのそれとはまったくちがう。

ある女性が仏陀のところに行く——。
自分の子どもが死んだので、彼女は悲嘆にくれている。
しかも彼女は未亡人で、もう子どもをもつことはけっしてない。
たったひとりの子どもが死んだのだ。
それは彼女の愛のすべて、彼女の心づかいのすべてだった......。

だが、仏陀はどうしただろう? 
仏陀は笑って彼女に言った。
「町に行って、誰ひとり一度も死んだことのない家から、芥子種を少し貰ってきなさい」
そこで、その女性は町に駆け込み、一軒ごとに家を訪ねた。

どこへ行っても彼らはこう言った。
「欲しいだけ芥子種をあげることはできるけれど、その条件を満たすことはできない——私たちの家ではほんとうにたくさんの人が死んだからだよ」。

何度も何度もそうなった。
だが、彼女は望みを捨てなかった。
「もしかしたら....わかるわけないわ。
死を知ったことのない家がどこかにあるかもしれない」

そうして彼女は一日中あらゆるところを訪ね歩いた。
夕方になると、彼女のなかに深い理解が湧き起こってきた。
「死は生の一部だ。それは起こる。それは個人的ななにかではない。
私に起こった個人的な災難ではない」。 

その理解をもって、彼女は仏陀のところに行った。

彼はたずねた。
「芥子種はどこにある?」
彼女は笑った。
彼の足もとにひれ伏して言った。
「私を入門させてください。けっして死ぬことのないものを知りたいのです。
私の子どもが戻るようにとは望みません。たとえその子が私に与えられたとしても、また死ぬでしょうから。
自分の内側で、けっして死ぬことのないものを知ることができるように、なにか教えてください」

osho - THE WISDOM OF THE SANDS

osho world





36、 交わりをしたならば愛情が生じる。愛情にしたがってこの苦しみが起こる。愛情から禍い(わざわい)の生じることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

40 、仲間の中におれば、休むにも、立つにも、行くにも、旅するにも、つねにひとに呼びかけられる。他人に従属しない独立自由をめざして、犀の角のようにただ独り歩め。

41、 仲間の中におけば、遊戯と歓楽とがある。また子らに対する情愛は甚だ大である。愛しき者と別れることを厭いながらも、犀の角のようにただ独り歩め。

42 、四方のどこでも赴き、害心あることなく、何でも得たもので満足し、諸々の苦痛に堪えて、恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩め。

47、われわれは実に朋友を得る幸を讃め称える。自分より勝れあるいは等しい朋友には、親しみ近づくべきである。このような朋友を得ることができなければ、罪過のない生活を楽しんで、犀の角のようにただ独り歩め。

48 、金の細工人がみごとに仕上げた二つの輝く黄金の腕輪を、一つの腕にはめれば、ぶつかり合う。それを見て、犀の角のようにただ独り歩め。

52 、寒さと暑さと、飢えと渇(かつ)えと、風と太陽の熱と、虻(あぶ)と蛇と、──これらすべてのものにうち勝って、犀の角のようにただ独り歩め。

62 、水の中の魚が網を破るように、また火がすでに焼いたところに戻ってこないように、諸々の(煩悩の)結び目を破り去って、犀の角のようにただ独り歩め。

65 、諸々の味を貪ることなく、えり好みすることなく、他人を養うことなく、戸ごとに食を乞い、家々に心をつなぐことなく、犀の角のようにただ独り歩め。

71、音声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚されない蓮のように、犀の角のようにただ独り歩め。

74、 貪欲と嫌悪と迷妄とを捨て、結び目を破り、命の失うのを恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩め。


ブッダのことば「スッタニパータ」(中村 元訳)【犀(さい)の角】より抜粋


拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]