忍者ブログ
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A New Chapter of Dub
(ジャンル:Reggae,dub)

Aswad初期の頃のDubアルバム。
打ち込み無しの”手仕事”である。

確か、日本版の宣伝文句には”現在のクラブ・ミュージックにも通じる重低音、、、”みたいな事が書いてあった覚えがあるが、この後、多数リリースされた、(打ち込み中心の)彼らのアルバムに比べると、そうでもない。

そういうことよりも、このアルバムのすごいところは、「緻密」なところだと思う。
Aswadの完璧主義と、このアルバムにかけた熱意のようなものが伝わってくる。

このdub mixは、一人の「手」では不可能だと思うのだが(一人でやってたら驚き、、、)、ディレイの掛かり具合や、フィードバックの引っ張り方など、細部にまできっちりこだわっている。

dubは、ルーズで勢いがあるのも雰囲気があって良いが、これはその対極。
それでいながら(エフェクト処理に最大限にこだわりながらー)、全体のスピード感も失われていないのがすごい、、、。
jamaican dubとは一味違ったUK dub。ジャケ裏ではみなさん、”まわしながら”、なごんではります。
 

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
聴いてた
高校から大学の頃、Aswadも含めDubを良く聴いてた。バンドもやってたんだよ、あの頃。竹を割くようなギターのカット、うねるベース、好きだった。
rs.0501 2008/08/16(Sat)03:10:06 編集
Re:聴いてた
へー、バンドやってたんですか、、。楽器はなにやってたんですか?
AswadってR&Bっぽいキャッチーなメロディー・ラインがきれいで独特ですよね。
2008/08/18 09:42
Re:聴いてた
ギターですが、キーボードもちょっと。UB40やSteel Pulseも好きでした。New Age Steppersとかも懐かしい!Taruさん、今度PC作曲の方法教えてくださいよ~。お師匠と呼びます!
rs.0501 2008/08/19(Tue)04:30:34 編集
Re:Re:聴いてた
いま、PC用音楽ソフトはいろいろ出てて、かんたんに音楽作りが楽しめるものも多いと思います。

ただ、値段は高いので、”torrent”のサイトなどで適当なのをダウンロードしてみれば、、、。http://torrent-finder.com/など。ウィルスとかには気をつけて、、、。

プロペラヘッド社の”REASON”なんか、オールインワンで良いのでは。

ちなみに、わたくし、「お師匠」などではございましぇん、、、。
2008/08/19 11:29
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]