忍者ブログ
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Osho-on-Meditation-in-master-presence.jpg



精神的探求とは、

体験への探求ではない。

精神的探求とは、自己の存在への探求だ。



それが探求するもの

それはどんな体験でもない。

至福でさえもなく

エクスタシーでさえもない。 

なぜなら、体験は外的なものだからだ。 

いかに内的であろうとも

体験は外的なものだ。



精神的探求とは、

自分の内側に在る真の存在への探求だ。



自分の真実を知る必要がある。 

それを知ることによって、

体験への貪欲は全て止む。 

それを知ることによって、

新たな体験へ向かおうという欲求は無くなる。



内的真実を、真正な存在を知ることによって、

あらゆる探求は止む。



だから、体験に向かわないことだ。

体験は全てマインドの策略だ。

体験は全て逃避だ。



瞑想とは体験ではなく、認識だ。

瞑想とは体験ではなく、

むしろ、あらゆる体験の停止だ。



それゆえ、内側の出来事を真に表現しようとした者....

たとえば、仏陀のような人間は、

「そこで何が起こるかは尋ねてはいけない」と言う。

あるいは、さらに尋ねられたら....

「そこでは何も起こらない」と言う。



もし私が「瞑想の中では何も起こらない」

と言ったら、貴方はどうするか?

きっと瞑想をやめるだろう....

「もし何も起こらなかったら、 それが何の役に立つだろう」

それは貴方のエゴの企てを示している。



私が「瞑想では何も起こらない」と言い、

それでも貴方が、

「私は今まで色んな出来事を体験し、

色んな体験を経てきたが、

どんな体験もみな失望に終わった」

と言うようなら.....。



それを貴方は一通り経験し...

それがなにものでもないことを知る。 

そしてそれを繰り返したいと思い

そしてその繰り返しにもまた退屈してしまう。 

そこで何か別のものに移る……

貴方はこのようにして、

何生も何生も動き回ってきた。

何千も何千もの生を。

体験を追いつつ過ごしてきた。



そして言う。

「私は体験を知った。

もはや新たな体験は何も要らない。

体験者が知りたい。」

そうして焦点がすっかり変化する。



体験は貴方の外にある。

体験者とは貴方の存在だ。



そして、これこそ、

精神的探求と虚偽の相違点だ。



体験に向かっていたら、

その探求は偽りだ。

体験者に向かっていたら、それは本物だ。



体験者に向かうとき、

クンダリーニやチャクラといったものはどうでもいい。



それらはきっと起こるだろうが、

誰もそれに関心をもったりしないし、

そんな横道に逸れたりしない。



向かうもの....それは内側の中心だ....。

その内側の中心には意識のほか何も残っていない。 

その内側の中心では、全く、ただ独りだ。



ただ意識だけが残っている....

内容物の無い意識だけが....。



意識の内容物とは体験だ。 

自分の体験するもの、

それは全て意識の内容物だ。



例えば苦悩を体験する....

その苦悩こそ意識の内容物だ。 

また、喜びを体験する....

その喜びが意識の内容物だ。 

また、退屈を体験する.....

その退屈が意識の内容物だ。 

また、沈黙を体験する.....

その沈黙が意識の内容物だ。 

また、至福を体験する.....

その至福が意識の内容物だ。 



こうして貴方は延々と内容物を変えていく。

永久に変え続けることもできるだろう。



でもそれは、

本当のものではない。

本当のものは、

こうした体験の起こる意識のことだ....

退屈の起こる者、

至福の起こる者だ。



精神的探求とは、何が起こるかではなく、

誰に起こるかだ。

そうすればエゴの生ずる可能性も無くなる。、、、







OSHO - ヴィギャン・バイラヴ・タントラ









oshoの世界

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]