忍者ブログ
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [45]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

df2cfb8f.jpeg


先日、アマラナ、ディヤニが主催するTantra Life @ Osakaに行ってきた。

きっかけは、8月の終わりに神戸で主催した、born Again+Danceのイベントに、前日に行われたTantra Life @ Osaka(第一回)に参加した人たちが流れてきてくれたこと。
ハグとかすると、ジューシーかつ、エクスタティックなエナジーで、すごくいい感じだったので、次回またあれば、行こうと思っていた。

で、行きました。(遠かったけど)
過去生でタントリカだったことのある(!?)自分的にはメチャ面白かった。
まぁ、今回、残りの人生をこのワークに捧げるかどうかは別にして、、、。(微笑)

20年くらい前に、失恋の痛みに耐えかねていた自分を(泣)、友人が見かねて、ラダのグループに誘ってくれたことがあったけど、あれはタントラ・ワークっていうより、質疑応答カウンセリング、っていう感じだったので、実質的に、タントラ系グループは、はじめての経験だった。

う~ん、こんなに長時間、集中して、性センターに働きかけるワークは初めてであるなぁ、、、。
最後の方は、撹拌されて上昇したエナジーが、サード・アイあたりまで来て、みけんがぴくぴくするっていう、はじめての経験もさせてもらいました。(笑)

ダンスのための音楽も、インド系ヒンディ・クラブミュージック+スーフィー系(?)っていう感じで、このグループの香りにマッチしてて良かったです。。。

で今回のセッションはー 

・ペアになって指のみでダンス
・ペアになって体にタッチ
・ペアで横に並び、仙骨にタッチしあって腰を回す
などなど、、(参加してない人には何のことやらわからんかもしれんけど、、)

”ペアになって体にタッチ”、では、醒めてお互いの体にタッチすることで、男も女も、(体のつくりは違っても)同じ人間であることよなぁ(当たり前なんやけど)ということを思い出せたりしましゅた。(特に「女性の体」って、(男性にとってはー)いろんなイメージとか妄想とかに色付けされてるからなぁ、、)
thank you kavita 、さわってくれて& さわらせてくれて。(微笑)

”ペアで横に並び、仙骨にタッチしあって腰を回す”は長時間だったせいもあるけど強烈だった。もはや、(性器などの)接触無きセックスっていうか(笑)、、、。
でも、ここでちょっと思ったのは、
「(体がほとんど)接触していなくても、(性エナジー的)エクスタシーが起こり得るのなら、(oshoとかが言ってるようにー)異性のパートナーがいなくても、自分ひとりの中で、男性性、女性性の結合が起こりうる(パートナーを触媒として使わなくても、最初から、両方ともすべて、自分の中にある)のでは、、」
っていうようなこと、、。

たとえばですよ、このセッションを同性同士が目隠ししてやったとして、お互いには「今、横にいるのは異性ですよ、、」と信じ込ませれば、どうなんのかな?
同じエクスタシーが起これば、すべては自分の中にある、っていうことになるよな、、。(笑)
あるいはそうはならんのかな、、、。

いや~、いろいろ新しいフィーリング、考え、インスピレーションを与えてもらいました。

この秋は、ヴィレッシュにはじまってTantraと、なんかLove & Loveですにゃう。(味わいは違うけど)

追記

”タントラライフ”をオーガナイズしているカビールに聞くと、彼はこの強烈なワークを、定例の月一度どころじゃなくもっと頻繁に、何年も続けているらしい、、、。う~ん、すごいことよなぁぁ。。(汗)
















 

osho by Amazon

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
本当に遠い中、来てくれて本当にありがとう。

とっても嬉しかったよ。

それに、なんて素敵な日記でしょう~♡
シェアしてくれてありがとうね。

私の中ではタントラは、生きて行く上での基本って感じになってるの~(^_-)-☆
メンバーが変われば、又起こってくる事も違ってくるし、又是非参加してね~。
LOVE
dhyani 2009/10/21(Wed)16:24:14 編集
Re:無題
dhyani、コメントありがとう。

>私の中ではタントラは、生きて行く上での基本って感じになってるの~(^_-)-☆ >

そうなんだ、、。
これ、続けてれば、絶対変容するよね(笑)。強烈だと思うよ。
Tantraって、もうこれだけで、独特の、一つの完結した「道」になるよね。

又機会があればうかがいますのでよろしく。。

Love

2009/10/21 19:12
あとでおもったこと
>「(体がほとんど)接触していなくても、(性エナジー的)エクスタシーが起こり得るなら、(oshoとかが言ってるようにー)異性のパートナーがいなくても、自分ひとりの中で、男性性、女性性の結合が起こりうる(パートナーを触媒として使わなくても、最初から、両方ともすべて、自分の中にある)のでは、、」
っていうようなこと、、。

たとえばですよ、このセッションを同性同士が目隠ししてやったとして、お互いには「今、横にいるのは異性ですよ、、」と信じ込ませれば、どうなんのかな?
同じエクスタシーが起これば、すべては自分の中にある、っていうことになるよな、、。(笑)
あるいはそうはならんのかな、、、。>



この件について、いろんなところでシェアしたりしてるうちに、

「たぶん、そういう統合は起こりえるし、そういう人も地球上には稀にいると思うねんけど、そこまでの統合が起こったら、もう、この相対性の世界にいる(生まれる)必要無いやないの(笑)、、」

「その統合は起こりえるけど、肉体がある限り、ホルモンなどを超えた、完全に自分の中に雌雄があるようなものにはなり得ないんではないの、、」

ということで、

「やっぱり、肉体を持っていれば(ホルモン的にも、電気的にも)、基本的に男、女、固有のエナジーがあるんでしょうなぁ」

というようなことを感じました。。。

異性(他者)から自由になれたら、素晴らしいことだと思うけど、まぁ、男、女が、あるのもおもしろくてよいか、、。
Taru 2009/10/25(Sun)11:59:51 編集
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[08/30 coach sale]
[08/22 http://Andrew.Meyer@www.msnwatchs.com%2Fnews-list.html/node/107/track]
[08/17 ブルガリ 香水 オムニア 種類]
[07/19 ブランドコピー時計]
[07/15 lace frontal]
開運玉
プロフィール
・名前 Bodhi Taru
・生年月日 1961/11/15
・種別 地球人、人間種、男性


* Topics of life

・1973年 ギターに出会う。
・1979年 嶋本昭三さんに出会う。モダン・アート三昧。
・1982年 インドに出会う。放浪開始。
・1986年 ネパールでoshoラジニーシに出会う。
・1989年~1991年 オランダ、アムステルダム市在住。Reggae三昧
・1992年 インドのラクノウでプンジャジに出会う。
・1994年 ジャマイカのキングストンでアール・チナ・スミスと出会う。
・1998年 レイキ・マスターとなる。
・2002年 インドのホワイトフィールドでサイババに出会う。
・2010年 ディクシャ・ギバーとなる。

いろんな物や人、場所に出会って感謝
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]